おととい久しぶりにウエイト総計に乗った

ビックリするほど増えていた。
そういえば現在不摂生な食べ物を送っていたなと改心。それでもコンビニエンスストアご飯万年。
痩せこけるのはむずかしいのに、肥えるのはこれ程簡単なのかって又もや想う。
そうしてきのう、いよいよ主人に「太ったね」という。
ひいては「どすこい」といったふざけられた。あーむかつく。
腹が立ったので、自身はダイエットすることを決意した。
私の大好きなピザやコンビニエンスストアのチキンもこれから我慢する。そう思って、用紙に「減量中!取るな」という書いて、客間のあらゆるところに貼って、いつも減量を注目させるようにしたのはいいんだけど、それを玄関の入口にも貼っちゃて、訪問してきた近隣に見られて、もう赤っ恥。一気に客間中の広告を剥がして、やけくそで冷蔵庫にしまっておいたアイス2個をペロリという完食。室温の効いた客間でアイス食べるのって特別よねー。なんて思ってたらもう減量なんてどうしてもぐっすりなっちゃた。
普通「私の歓びは採り入れるときじゃー」とか開き直って、主人には失笑された。
私自身、本当に減量初日で、減量を打ち切るなんて期待もしなかったよ。
こんなにも自身って考え方が弱々しいのかとして自分嫌悪してたけど、客席にあったピザのバウチャーが目に入って「あ!今日はピザ食べよう!」といった自分でも驚きのシフトの早さだった。
どうも私の意識の辞書には「減量」なんて陳述はないみたいです。
主人からは「前向きでいいんじゃない」という相変わらず失笑されてるけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です