ごきげんよう、今回は私の体験した事をお話ししたいと思います。

僕は臨月になったばかりの妊婦なのですがボディが小柄な割合胃腸が出ていてあるくのがいとも鬱陶しいんです。ですが分娩するのに軽々しい散策をする方がいいといった私の女子やクリニックの助産師様に教えてもらいゆっくりではありますがあるくことにしています。病状がいい日は列車で近くのスーパーマーケットにおウォーキングにいっていらっしゃる。その列車でのお話だ。僕は立っているのが苦しいので列車では思い切りプライオリティーダッグアウトを利用させてもらっているのですが、そっちへ大きな家具を有するサラリーマンのオヤジがあたふたと乗ってきました。そうして地方を見渡してから私の元へって駆け寄るといった僕にダッグアウトを与えなさいと言ってきました。僕は妊娠していて立っているのが厭わしいといったオヤジに伝えましたが恋人はそんなこと言ってたら元気なお子さんは産めない、君は自分から初々しいのだから譲って勿論だと言われました。なにを言ってもオヤジは速くどけと催促を通じて来るばっかりだったので仕方なくダッグアウトをのぼりました。ダッグアウトを譲ったのにオヤジは僕にあんなノロノロ立ってわざとらしいという広告を言われ僕はゴメンと詫びるしかありませんでした。そうすると些か老人の祖父が僕に近づき詫びる必要はないと言いました。そうして僕を立たせた祖父にかけてお前がプライオリティーダッグアウトに腰掛ける理由がない、宜しい年代していやらしい年上だからダッグアウトを譲れというのならあなたは僕にダッグアウトを与えなさいって祖父は言いました。祖父が言い終わるって周りに立っていた女性やおにいさんまでそのオヤジにあなたは異なると言ってくれました。そうするとオヤジはなにも言わずダッグアウトをのぼり次の駅舎で降りて行ってしまいました。そうして祖父たちは僕に空いたダッグアウトに座りなさいといったやさしく笑いかけてくれました。僕はこんな風に見ず知らずの僕に優しくして受け取る人たちがいるのだといったわかり何とも感動しました。しばらくして気付いたのですが感動しすぎて飛び降りる駅舎を7個も過ぎていたことは祖父たちには非公式だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です